レジオテック

レジオネラ菌の消毒剤|消臭剤|カビ取り剤|防カビ剤|お風呂|温泉|加湿器|プール|コンサルタント|健康食品|レジオテック

 

ご購入窓口
商品カテゴリ

コンテンツ

レジオネラ菌コンテンツ

HOME»  ブログ記事一覧
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

レジオネラ検出も営業…水質検査もせず 和光市のスポーツ施設「担当者の報告ないから保健所に報告できず」

和光市は8日、施設内の浴場の水質検査で、レジオネラ菌が基準値を超えていたにもかかわらず、浴場の営業を続けていたとして、同市新倉のスポーツ施設「和光市勤労福祉センター・アクシス」の浴場利用を8日から中止したと発表した。

 市によると、同センターは7月の水質検査で、1階の男子浴槽から基準値を超えるレジオネラ菌が検出されていたが、市や朝霞保健所に報告せず、運用を続けていた。今月7日、朝霞保健所の定期の立ち入り検査で発覚し、利用中止を決めた。

 県公衆浴場施行条例では、浴場の水質検査を年2回(7月と11月)実施することが義務付けられているが、同センターは11月の水質検査も実施していなかった。

 同センターは1992年に開業し、2011年度から市が指定した指定管理者「シンコースポーツ・サンワックス共同事業体」が運営している。

 同管理者は「設備担当者が基準値を超えたことに責任を感じて会社に報告しなかったため、保健所への報告ができなかった」と説明しているという。

ご購入窓口
 

2017-12-09 10:09:23

コメント(0)

マカオで在郷軍人病感染例確認…患者は43歳女性 潜伏期間中の海外渡航歴なし

 

SSMが発出したプレスリリースによれば、患者はマカオ人の43歳の事務職の女性で、脳卒中の一種である脳塞栓罹患歴があるとのこと。12月1日に発熱、息切れ、脱力感などの症状が現れ、3日になって症状が悪化したことから、公立総合病院の仁伯爵綜合醫院を受診し、肺炎と診断された。その後、尿検査で在郷軍人病に感染していることが判明。目下、患者は入院中で、熱は下がり、息切れは続いているものの、容体は安定しているという。

患者はSSMの調査に対し、潜伏期間にあたる発病前の10日間に海外へ出かけていないと回答。患者の家族や友人に類似の症状は見られなかった。なお、SSMにその他の類似事例は報告されておらず、単独感染とみられる。

在郷軍人病はレジオネラ菌が引き起こす伝染病の一種で、菌を含む水が空調などを通じて飛散することによる空気感染すると考えられている。病名の由来は1976年に米国フィラデルフィアで開催された在郷軍人大会で集団発生したことによる。レジオネラ菌は多様な環境下に存在するが、20〜45℃の温水で成長しやすく、水のタンク、スパプール、噴水、家庭で用いられる医療用吸入器などから見つかることも多いとのこと。症状としては、発熱、空咳、呼吸困難、倦怠感、頭痛、筋肉痛、腹痛、下痢などが挙げられ、抗生物質による治療が可能とのこと。
ご購入窓口

今年に入って以降、マカオで在郷軍人病の感染例が確認されたのは今回で3例目となる。マカオにおける感染例確認は非常に稀なケースで、昨年までの直近10年間では2010年に1例確認されたのみだった。

2017-12-07 14:32:07

コメント(0)

マカオの大型IRパリジャンマカオのレジオネラ菌問題依然全面解決せず=在郷軍人病患者が潜伏期間中に滞在してから約半年

 

今年(2017年)4月21日、香港の在郷軍人病(退役軍人病、レジオネラ肺炎)患者3人が発病前の潜伏期間中にマカオの大型IR(統合型リゾート)パリジャンマカオに滞在、宿泊していたことが明らかとなった。患者は66〜84歳の男性で、今年1〜3月にかけて発病したという。

当時、マカオ政府衛生局(SSM)による検査でホテルの給水システムがレジオネラ菌に汚染されていることが明らかとなり、旅遊局の協力の下、厳格な予防措置を命じるとともに、水質検査とレビューが繰り返し実施された。また、ホテル側でも複数回にわたってホテル客室の給水システムの部分消毒するとともに、9月には消毒システムを交換するなどの対応を講じてきたという。

ご購入窓口

SSMが12月1日に発出したプレスリリースによれば、SSMが10月17日から25日にかけて実施したレビューにおいて、ホテル内の97件(客室57、共用エリア40)から水のサンプルを採取。ホテル側でも、10月10日から27日にかけて229件の水のサンプル及び29件のホテル客室の拭き取りサンプルを採取した。SSMがこれらを分析したところ、SSMとホテル側がホテル客室内で採取した計163件、ホテル側がホテル客室内のタンクとポンプで採取した25件、プール8件、噴水7件の水のサンプルはいずれも陰性だったものの、ホテル側が採取したホテル客室内の取水口の拭き取りサンプル21件のうち1件(シャワーヘッド)からレジオネラ菌が検出され、濃度は200CFU/SWABだった。

一方、6階以下の共用部分でSSMが採取した水のサンプル40件のうち21件からレジオネラ菌が検出され、最高濃度は135.1CFU/ml、平均濃度は13.2CFU/mlだった。ホテル側が共用部分から採取したサンプル83件のうち4件からレジオネラ菌、2件から血清群1が見つかった。これらが見つかったのはショッピングモールのトイレ、プールの更衣室、レストランのトイレ、地下1階の温水タンク(3〜6階に供給)など。

SSMでは、検査結果からホテル客室の給水システムにおけるレジオネラ菌汚染の大部分が排除されたが、共用エリアについては依然として汚染されているとし、ホテルに対して給水システムの監視の継続、専門家に依頼して解決策を講じることなどを含む速やかな対処、予防措置による在郷軍人病感染リスクの低減を求めた。SSMでは、今後も関連部門と連携してレビューを繰り返し実施するとした。

在郷軍人病はレジオネラ菌が引き起こす伝染病の一種で、菌を含む水が空調などを通じて飛散することによる空気感染すると考えられている。レジオネラ菌は多様な環境下に存在するが、20〜45℃の温水で成長しやすく、水のタンク、スパプール、噴水、家庭で用いられる医療用吸入器などから見つかることも多いとのこと。症状としては、発熱、空咳、呼吸困難、倦怠感、頭痛、筋肉痛、腹痛、下痢などが挙げられ、抗生物質による治療が可能とのこと。

パリジャンマカオは米ラスベガスサンズグループのサンズチャイナ社が運営するフランス・パリがテーマの大型IRで、2016年9月にオープンしたばかり。2分の1スケール(約160メートル)のエッフェル塔のレプリカ、供給客室数およそ3000室のホテル、カジノ、ショッピングモール、コンベンション施設、シアター、スパ、ウォーターパークなどで構成される。

パリジャンマカオ外観(資料)=マカオ・コタイ地区、2016年6月-本紙撮影

 

2017-12-04 09:48:19

コメント(0)

配管の管理不十分がレジオネラ症の原因に

ニューヨーク市でレジオネラ症が流行している。その対処に追われるなか、米国政府による新たな2件の報告で、この疾患の原因が管理の不十分な温水浴槽、噴水、冷却塔などのさまざまな水源にあることが明らかにされた。
この知見は「特に病院、長期療養施設、その他の医療施設など、影響を受けやすい人が集まる場所でのレジオネラ菌制御の難しさを浮き彫りにするものだ」と米疾病管理予防センター(CDC)のKarlyn Beer氏らは述べている。


画像提供HealthDay

ニューヨークの調査では、サウスブロンクスで発生した100人以上の罹患および12人の死亡の原因が、空調に用いられる冷却塔にあったことが明らかにされているが、全国的には処理の不適切な飲料水による流行が増えてきていると、CDCのチームは1件の報告で述べている。

2011~2012年に報告された32件の飲料水に関連する疾患のうち3分の2がレジオネラ菌に起因するものであり、2007~2008年の数字の2倍となっているという。この2011~2012年の流行の原因は、管理の不十分なビルの配管や、(公共の水道でない)個人利用の地下水だったという。この期間にレジオネラ菌が原因で14人が死亡し、430人以上が疾患を発症した。

「流行を予防する鍵は、ビルの配管システムのメンテナンスだ」とBeer 氏は述べている。CDC発行の「Morbidity and Mortality Weekly Report」8月14日号に掲載された2件の研究はいずれも同氏のグループによるもの。

流行は病院や医療施設で発生することが多く、入院患者に疾病負荷が偏っていることが示されると研究チームは指摘する。レジオネラ症は肺炎の一種で、特に高齢者や基礎疾患のある人はリスクが高い。咳、喘鳴、呼吸障害などを引き起こすが、人から人へ感染することはなく、抗生物質で治療できるという。

配管システムや私設井戸の不備、地下水汚染を特定し、改善することにより、多くの流行を予防できると著者らは述べている。ニューヨークではすでに、冷却塔に関する法令の厳格化に着手している。

2件目の報告では、2011~2012年に発生した環境水または未確定の水への曝露による18件の疾患流行(10人が死亡)のうち、15件がレジオネラ菌によるものであったとしている。4件がホテルやモーテル、3件が病院、3件が長期療養施設で発生しており、オフィス、、トレーラーハウスでも流行がみられたほか、装飾用の噴水に関連するものも3件あった。

レジオネラ菌をはじめとする細菌の増殖を防ぐには、さまざまな水道システムの管理が不可欠であると、研究著者らは述べている。

2017-11-08 10:13:31

コメント(0)

吉賀の温泉施設からレジオネラ菌 /島根

吉賀町は2日、町老人福祉センター「はとの湯荘」の温泉施設で、男子のジェット風呂とシャワーから国基準を超えるレジオネラ菌が、女子シャワーからは大腸菌群が検出され、2日から温泉施設の営業を自粛したと発表した。

6日以降に再び水質検査をする。これまでに健康被害の訴えはないという。

レジオネラ菌対策はレジオテックへご相談ください。レジオネラ菌対策はご自分で配管洗浄が出来る「モルキラーMZ」

2017-11-05 11:21:02

コメント(0)

フラッシングでレジオネラ菌 少なくとも12人が感染

 【24日付ニューヨーク・デイリー・ニュース】ニューヨーク市保健精神衛生局(DOH)は24日、クイーンズ区フラッシングで、過去2週間に12人以上のレジオネラ菌感染者が確認されたと発表した。24日時点で死者は出ていない。

 感染者のほとんどが重篤な基礎疾患を有する患者で、年齢層は30代前半から80代後半。7人は治療を受け既に退院しているが、5人は24日時点で入院中。またDOHは、新たに感染の疑いがある2人の検査も実施しており、感染が見つかった地域にある全ての冷却塔から水のサンプルを採取し検査を進めている。

 人から人への接触による感染はなく、主に同菌が含まれた水や水蒸気が体内に入ることにより感染し発症するレジオネラ症は、高熱や呼吸器疾患を引き起こし、免疫力低下が伴う場合は死に至ることもある。

 市では2015年、ブロンクス区で過去最大規模の同菌のまん延が起こり、12人が死亡した。



ビル・デブラシオ市長は当時、同地域にある全ての冷却塔を検査することを怠ったとして非難を浴びたため、市内にある全ての冷却塔を検査し、陽性反応が出た場合は清浄を義務付けると約束していた。

2017-10-27 10:04:01

コメント(0)

新発田のホテルでレジオネラ菌 70代男性がレジオネラ症と診断

70代男性がレジオネラ症と診断

 県は3日、新発田市月岡温泉の「月岡ニューホテル冠月」で9月27日に採取した男湯の内湯から、レジオネラ菌が検出されたと発表した。ホテルは同日中に浴槽の清掃と消毒、安全確認検査を行い、3日から浴槽の使用を自粛している。

 県によると、県内の70代男性がホテルを利用後、9月下旬にレジオネラ症と診断された。長岡保健所が医療機関から連絡を受け、新発田保健所が立ち入り検査した。

 男性以外に発症の報告はなく、発症とホテルでの菌の検出との関係は不明。

モルキラーMZでの配管洗浄と日常管理に。対策はレジオテック

2017-10-04 09:32:17

コメント(0)

レジオネラで死亡者 フォレストヒルズのアパート

クイーンズ区フォレストヒルズでレジオネラ菌に感染した2人のうち1人が死亡したことが、21日までに分かった。

 死亡した1人は高齢者で、もう1人は快方に向かっているという。2人ともクイーンズブルバード104-60番地のアパート「パーカータワーズ」で、過去2カ月以内に感染したもよう。

 ニューヨーク市保健精神衛生局(DOH)はアパートの管理会社と協力し、建物内の配管システムなどを調査している。

レジオネラ菌対策の為の配管洗浄はレジオテックのモルキラーMZ

2017-09-24 14:47:27

コメント(0)

銭湯経営者に罰金、レジオネラ菌で2人死亡

 岩手県盛岡市の公衆浴場「銭湯 岩手山」で2015年、利用客14人がレジオネラ菌に感染し、うち2人が死亡した事件で、盛岡区検は12日、当時の経営者の男性を業務上過失致死傷の罪で略式起訴したと発表した。8月31日付。盛岡簡裁は6日、男性に罰金100万円の略式命令を出した。

 起訴状によると、男性は浴槽やタンクの清掃を怠り、利用客13人をレジオネラ菌に感染させ、肺炎などで死傷させたとされる。

 盛岡地検は、業務上過失致死傷容疑で書類送検されていた当時の店長の女性について不起訴処分とした。地検は女性の処分理由を明らかにしていない。また、死亡した利用客1人について「レジオネラ菌と死因の関係が不明確」として経営者の男性を不起訴処分とした。処分はいずれも8月31日付。

2017-09-14 19:19:41

コメント(0)

三原のレジオネラ感染 温泉改善計画、対策委が了承 /広島

みはらし温泉(三原市須波ハイツ1)でのレジオネラ症集団感染で、市と県でつくる対策検討委員会(委員長・平岡雅男市生活環境部長)は31日、市内で第2回会合を開き、温泉側が営業再開に向けて提出した改善計画を適当と認めた。

 温泉側は今後、改善計画に基づき設備などを改修。委員会は完了後に報告書の提出を求め、11月末ごろに検証や水質検査をする。平岡委員長は「改善計画が完全に実行されれば、再発防止は図られる」との考えを示した。

 委員会は温泉4階のアイテム風呂を汚染源と推定するとともに、25項目の問題点を指摘。温泉側は各項目について、排水を促すドレン(排水管や排水溝)の新設や衛生管理運営要領の作成などを盛り込んだ改善計画(A4判、6ページ)を8月21日に提出していた。

モルキラーシリーズ

2017-09-02 13:22:57

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5