レジオテック

レジオネラ菌の消毒剤|消臭剤|カビ取り剤|防カビ剤|お風呂|温泉|加湿器|プール|コンサルタント|健康食品|レジオテック

 

ご購入窓口
商品カテゴリ

コンテンツ

レジオネラ菌コンテンツ

HOME»  ブログ記事一覧
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

レジオネラ菌感染で56歳男性が死亡 千葉県内で今年初

 千葉県は14日、八千代市の病院に入院していた同市の男性会社員(56)がレジオネラ菌の感染による肺炎で死亡していたと発表した。レジオネラ菌の感染による死亡が確認されたのは今年に入ってからは初。

 県によると、男性は5日ごろから咳や発熱といった症状が確認され、9日から入院。11日に死亡した。病院から習志野保健所に通報があり、感染経路の調査を進めたが、原因の特定には至っていないという。

2018-02-16 09:20:19

コメント(0)

三原のレジオネラ感染 営業停止解除へ 温泉側、近く再開 検討委 /広島

 

業務上過失致死傷容疑で捜査 県警

 みはらし温泉(三原市須波ハイツ1)のレジオネラ症集団感染で、市と県でつくる対策検討委員会(委員長・平岡雅男市生活環境部長)は30日、同温泉の日帰り入浴施設に命じている営業停止について「解除が適当」と決めた。温泉側は近く営業を再開させる。一方、県警と三原署は業務上過失致死傷容疑での立件を視野に捜査を進めている。【渕脇直樹】

 営業停止の解除には水質検査の「合格」が条件で、浴槽は陰性だったとする検査結果がこの日の会合で報告された。通常使用しない予備配管から、集団感染とは別種のレジオネラ菌を検出したが、その後撤去され「増殖の恐れはない」と判断した。市は来週中にも温泉を経営する森川観光に停止解除を通知し、営業再開後は半年間、水質検査を毎月実施することを求める。平岡委員長は記者会見で「管理マニュアルを守り、安心安全に利用できる施設であってほしい」と話した。約1年ぶりに営業を再開できる見通しとなったことについて、森川観光は「近く記者会見する」としている。
モルキラーMZでの配管洗浄と日常管理に。

 同温泉での集団感染は2017年3月18日に最初の患者が判明。その後も発熱や呼吸困難などを訴える患者が増え続け、同25日には50代の男性1人がレジオネラ肺炎で死亡。発症者は最終的に58人に上った。いずれも日帰り入浴施設を利用しており、浴槽の湯と患者のレジオネラ菌の遺伝子の型が一致。市は同28日に営業停止を命じた。

 市と県は集団感染の原因究明と再発防止に向け、7月に対策検討委員会を設置。その後の立ち入り検査で温泉4階のアイテム風呂の周辺にタイルのはがれやひび割れが見つかったほか、浴槽や配管に湯がたまる箇所が見つかり、レジオネラ菌の感染源と推定。これを受け、森川観光は8月、設備や衛生管理体制を見直す改善計画を検討委に提出。検討委の了承を得て年末までに改修工事や従業員の衛生管理研修などを終えていた。

 一方、三原署や県警捜査1課は昨年3月30日、業務上過失致死傷容疑で温泉を家宅捜索し、資料を押収。従業員らから衛生管理状況について事情を聴くなどし、現在も捜査を継続している。

2018-02-01 15:24:42

コメント(0)

死の危険も…加湿器からの菌感染どう防ぐ?

 

死の危険も…加湿器からの菌感染どう防ぐ?

写真拡大

大分県の老人ホームで男性1人が死亡したレジオネラ菌の集団感染で、感染源は部屋の加湿器とみられている。冬場は特に使うケースが増える加湿器からの感染を防ぐには、どうしたらいいのだろうか?

    ◇

大分県の老人ホームで起きたレジオネラ菌の集団感染で、新たに感染した90代の男性1人が先週死亡した。検査の結果、菌が見つかったのは部屋にあった「加湿器」だった。大分県によると施設では週1回、ブラシで清掃していたというが、集団感染を防ぐことはできなかった。

このニュースはインターネットでも話題になり、「怖いなあ」「まさか、死者が出るなんて」「こまめに掃除しなきゃ!!」などの声もあった。加湿器のレジオネラ菌はどうすれば防ぐことができるのだろうか?

■売り場で一番人気の「超音波式」加湿器

都内の雑貨店を訪ねると…様々な種類の加湿器が。一番人気は、熱を使わない「超音波式」だという。

渋谷ロフト・浦川敦史さん「本体価格がお手頃というところと、消費電力が小さいというところで人気をいただいております」

細かい振動によって細かい「水の粒」を空気中に放出する超音波式加湿器。おしゃれなデザインも人気の理由だ。一方で、売り場の説明書きを見てみると、超音波式加湿器の短所として「水を加熱しないので手入れを怠ると雑菌が出てしまう」と書かれている。どういうことなのだろうか?

東京慈恵会医科大学細菌学講座・水之江義充教授「菌は高熱に弱いですね。60℃以上に弱いけども、常温だと菌は死ななくて増えることができるということで。水の中で増殖した、増えたレジオネラがエアロゾル(水滴など)と一緒に空気中に出されて、それを私たちが吸い込むことによって肺炎を起こして」

超音波式加湿器を使っているという街の人は――

40代主婦「夜眠るときに使うものだったので、熱くない方がいいかなと思ってそれ(超音波式)にしました」

30代主婦「(死亡のニュースを聞いて)えー、そこまで重症化するとは思っていなかったのでびっくりです」

■超音波式の加湿器 使うときの注意点は?

超音波式の加湿器を使うときどのようなことに気をつければいいのだろうか?

水之江教授「加湿器の場合はタンクだけでなく、いろいろなパーツがありますので、それを全部洗うということが大事ですね」

■加湿器の掃除方法 3つのポイント

加湿器の掃除方法について、レジオネラ菌対策を専門に清掃などを手がける会社に教えてもらった。

レジオテック・浅野英雄社長「(レジオネラ菌は)熱に弱いということと、殺菌作用のある薬剤が非常に効果があります。この2つが大事ですね」

ポイント1:まずはアルコールなど除菌や殺菌効果のある薬剤を染みこませた布で本体を拭き、レジオネラ菌が繁殖しやすいぬめりを取ること。

ポイント2:さらに、加湿器専用の薬剤を入れて運転するという。

ポイント3:薬剤がない場合はレジオネラ菌が死滅する60℃以上のお湯をタンクに入れ、30分程度放置するという。

浅野社長「必ず1週間に1回はそういった清掃をすること。それを定期的に繰り返すということ」

また、水をためたままにしておくと菌が繁殖しやすいので、水は毎日交換することが大切だという。

浅野社長「(ぬめりが)出やすいのは隅っこですね。コーナーのところ、あるいは隅ですね。複雑になっているところ」

ブラシでは掃除がしづらい細かい部分にできやすいというぬめり。お湯や薬剤の使用は、メーカーが推奨していないケースもあるため、お使いの加湿器のメーカーに問い合わせをしていただきたい。

■意外な場所にもレジオネラ菌が!

レジオネラ菌は公衆浴場などでの感染が知られているが、意外な場所でも見つかっている。今月、北海道のバス会社では50代の運転手2人がレジオネラ菌に感染して肺炎にかかり入院している。菌が見つかったのはバスの洗車機だった。

■症状は風邪に似ているが、早めの受診を

レジオネラ菌は菌が含まれた水滴を吸い込むことで感染するという。感染しても、重症化することは少ないというが、抵抗力の弱い子供やお年寄りなどが感染すると重症化することもあるという。症状は高熱や咳(せき)といった風邪と似た症状なのだが、ひどくなると肺炎にかかり死亡することもあるそうだ。レジオネラ菌に効果のある抗菌薬もあるそうなので、早めに病院を受診することが必要だ。

■中央大学法科大学院・野村修也教授のまとめ

風呂や加湿器など、体のためにある道具がかえって病気を引き起こすというのは皮肉だと感じる。加湿器って水を使っているので、清潔なように勘違いしがちだが、こまめな清掃が必要ということが分かった。病気もお年寄りなどは掃除が難しい場合もあるので、訪ねていったときに、周りの者が気をつけてあげることが必要です。

2018-01-27 12:13:31

コメント(0)

レジオネラ菌に感染 バス運転手2人入院 音更

【音更】北海道拓殖バス(十勝管内音更町)の男性運転手2人が1月上旬、相次いでレジオネラ菌に感染し、帯広市内の医療機関に入院していることが23日、分かった。2人は現在も治療中で同社や帯広保健所は感染源などを調査している。

 同社によると、感染した2人はいずれも50代。ともに肺炎症状を示し医療機関でレジオネラ菌が検出された。保健所の調査では、バスの洗車に使っていた同社のアーチ型自動洗車機からレジオネラ菌が検出されたという。

ご購入窓口

2018-01-25 14:23:14

コメント(0)

お風呂を毎日ピカピカに保つためのお掃除のコツ

追い焚きをすると湯垢が浮いてくる、溜めたお湯が臭う……。その原因は風呂釜の配管汚れかもしれません。そこで今回は、風呂釜の仕組みや汚れの原因、洗浄方法を解説します!

  • お風呂をピカピカに保つコツとは?

◆風呂釜の種類と仕組み

そもそも風呂釜とは、浴槽と配管で繋がっている「お湯を沸かす装置」のこと。どのように浴槽内の水を温めるかによって2つの種類に分けられます。

<2つ穴 - 自然循環タイプ>
温められたお湯は上昇し、冷たい水は降下するという、水の温度差を利用した自然な「対流」を起こすことでお湯を沸かすタイプです。下の穴に冷たい水が吸い込まれ、上の穴から温められたお湯が吐き出されます。このタイプは、配管を流れるお湯のスピードが遅いため、配管に汚れが溜まりやすいのが特徴です。

<1つ穴 - 強制循環タイプ>
ポンプを利用し1つの穴で水を吸い込み、お湯を吐き出すタイプです。ポンプで強制的に循環させるため、流れるお湯のスピードが速く、2つ穴に比べて汚れが溜まりにくいのが特徴です。

汚れやすさに違いはありますが、どちらとも追い焚きを使う度に配管が汚れていくため、定期的な洗浄が必要となります。

  • 風呂釜の汚れの原因って?

◆風呂釜の汚れと原因

配管から流れてくる汚れは、「人の皮脂や水垢、入浴剤の成分」と「細菌・微生物」が合わさったものです。浴槽に発生しやすい菌(大腸菌・サルモネラ菌・O-157・レジオネラ菌など)は、人の皮脂や水垢、入浴剤の成分をエサに増殖します。

レジオネラ菌は特に注意が必要で、空気中に飛散した霧状の菌を吸い込むことで、気管や肺に感染症を引き起こします。沸かしたお湯がぬるくなる36℃前後の湯で最も増殖するため、一度浸かって汚れたお湯を追い焚きするのは、できれば避けた方がよいでしょう。

実際にこの菌が引き起こした感染症による死亡事故も報告されているため、乳幼児や高齢者、妊婦など抵抗力の弱い方は注意が必要です。

下のいずれかに当てはまる場合は、早急な風呂釜の洗浄をおすすめします。
・白茶、黒の湯垢や汚れが出てくる
・溜めたお湯が臭う
・風呂釜内に残った水から小バエが発生している
 

◆自宅でできる洗浄方法

自宅でできる洗浄方法として、漂白・除菌・消臭効果のある酸素系漂白剤を紹介します。天然大理石やヒノキ、24時間風呂の場合は、以下の掃除方法は避けてください。

<必要なアイテム>
・粉末タイプの酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)
・ビニールホース(蛇口に接続できる1~2mのもの)
・(2つ穴の場合のみ)汚れてもいいタオル
 

  • 自宅でできる洗浄方法できれいに!

<2つ穴の洗浄方法>
1)下の穴をタオルで塞ぐ
2)上の穴に50ml程度の「モルキラーMZ10」を流し入れる
3)続いて40~50℃のお湯をあふれない程度に注入し、2時間程放置する
4)下の穴のタオルを外し、ホースで上と下の穴に勢いよく水を流し入れて汚れを洗い出す
 

<1つ穴の洗浄方法>
1)穴上5~10cmまで浴槽に「水」を溜める
 (入浴剤が入っていない残り湯であれば充分冷めてから使用可)
2)水に「モルキラーMZ10」を50ml入れる
3)40~50℃に設定して追い焚きする
4)2~3時間程放置する
5)再度追い焚きをする
7)排水
8)ホースで穴に勢いよく水を流し入れて汚れを洗い出す
 

◆掃除頻度と業者のクリーニングについて

一見きれいに見えるお湯でも、浴槽に浸かる度に配管は汚れていきます。2つ穴タイプは1カ月に一度、1つ穴タイプは2カ月に一度の掃除が必要です。そして半年に一度は、風呂釜洗浄業者にクリーニングを依頼することをおすすめします。

市販の洗浄剤でもある程度汚れはとれますが、やはりプロの技術には敵いません。自分で掃除してみたけどやっぱり水垢が出てくる……という場合は、一度業者に依頼してみるとよいでしょう。

2018-01-22 13:19:15

コメント(0)

加湿器でレジオネラ菌感染か=高齢者施設で男性死亡-大分

大分県は19日、同県国東市の高齢者施設の入所者ら3人がレジオネラ菌に感染し、90代の男性が14日に死亡していたと発表した。施設の超音波式加湿器から基準(100ミリリットル中10個未満)の2万2000倍の菌が検出されており、県は感染源とみている。
 

加湿器用消毒剤 モルキラーW23

 施設では昨年12月から今月にかけ、80~90代の入所者ら3人が高熱やせきなどの症状で入院。全員がレジオネラ症と診断され、90代の男性が死亡した。80代の1人は完治したものの、その後誤嚥(ごえん)性肺炎で死亡、もう1人は快方に向かっている。
 県東部保健所が施設に立ち入り検査を行った結果、15日に感染者の居室にある加湿器から菌を検出した。県によると、施設は長期間加湿器の掃除をせず水をつぎ足していたとみられる。現在は加湿器の使用を禁止しているという。

leiotec-top

2018-01-21 09:11:25

コメント(0)

レジオネラ菌集団感染の温泉施設 営業禁止処分解除へ

レジオネラ菌の集団感染で入浴客が死亡した三原市の温泉施設「みはらし温泉」は、早ければ来年2月上旬に営業停止処分が解除されることになった。

27日の検討委員会で施設側が提出した25項目の改善報告を検証した結果、内容が適当と認められたため。

leiotec-top レジオネラ菌対策はレジオテック

2017-12-28 13:20:39

コメント(0)

レジオネラ検出も営業…水質検査もせず 和光市のスポーツ施設「担当者の報告ないから保健所に報告できず」

和光市は8日、施設内の浴場の水質検査で、レジオネラ菌が基準値を超えていたにもかかわらず、浴場の営業を続けていたとして、同市新倉のスポーツ施設「和光市勤労福祉センター・アクシス」の浴場利用を8日から中止したと発表した。

 市によると、同センターは7月の水質検査で、1階の男子浴槽から基準値を超えるレジオネラ菌が検出されていたが、市や朝霞保健所に報告せず、運用を続けていた。今月7日、朝霞保健所の定期の立ち入り検査で発覚し、利用中止を決めた。

 県公衆浴場施行条例では、浴場の水質検査を年2回(7月と11月)実施することが義務付けられているが、同センターは11月の水質検査も実施していなかった。

 同センターは1992年に開業し、2011年度から市が指定した指定管理者「シンコースポーツ・サンワックス共同事業体」が運営している。

 同管理者は「設備担当者が基準値を超えたことに責任を感じて会社に報告しなかったため、保健所への報告ができなかった」と説明しているという。

ご購入窓口
 

2017-12-09 10:09:23

コメント(0)

マカオで在郷軍人病感染例確認…患者は43歳女性 潜伏期間中の海外渡航歴なし

 

SSMが発出したプレスリリースによれば、患者はマカオ人の43歳の事務職の女性で、脳卒中の一種である脳塞栓罹患歴があるとのこと。12月1日に発熱、息切れ、脱力感などの症状が現れ、3日になって症状が悪化したことから、公立総合病院の仁伯爵綜合醫院を受診し、肺炎と診断された。その後、尿検査で在郷軍人病に感染していることが判明。目下、患者は入院中で、熱は下がり、息切れは続いているものの、容体は安定しているという。

患者はSSMの調査に対し、潜伏期間にあたる発病前の10日間に海外へ出かけていないと回答。患者の家族や友人に類似の症状は見られなかった。なお、SSMにその他の類似事例は報告されておらず、単独感染とみられる。

在郷軍人病はレジオネラ菌が引き起こす伝染病の一種で、菌を含む水が空調などを通じて飛散することによる空気感染すると考えられている。病名の由来は1976年に米国フィラデルフィアで開催された在郷軍人大会で集団発生したことによる。レジオネラ菌は多様な環境下に存在するが、20〜45℃の温水で成長しやすく、水のタンク、スパプール、噴水、家庭で用いられる医療用吸入器などから見つかることも多いとのこと。症状としては、発熱、空咳、呼吸困難、倦怠感、頭痛、筋肉痛、腹痛、下痢などが挙げられ、抗生物質による治療が可能とのこと。
ご購入窓口

今年に入って以降、マカオで在郷軍人病の感染例が確認されたのは今回で3例目となる。マカオにおける感染例確認は非常に稀なケースで、昨年までの直近10年間では2010年に1例確認されたのみだった。

2017-12-07 14:32:07

コメント(0)

マカオの大型IRパリジャンマカオのレジオネラ菌問題依然全面解決せず=在郷軍人病患者が潜伏期間中に滞在してから約半年

 

今年(2017年)4月21日、香港の在郷軍人病(退役軍人病、レジオネラ肺炎)患者3人が発病前の潜伏期間中にマカオの大型IR(統合型リゾート)パリジャンマカオに滞在、宿泊していたことが明らかとなった。患者は66〜84歳の男性で、今年1〜3月にかけて発病したという。

当時、マカオ政府衛生局(SSM)による検査でホテルの給水システムがレジオネラ菌に汚染されていることが明らかとなり、旅遊局の協力の下、厳格な予防措置を命じるとともに、水質検査とレビューが繰り返し実施された。また、ホテル側でも複数回にわたってホテル客室の給水システムの部分消毒するとともに、9月には消毒システムを交換するなどの対応を講じてきたという。

ご購入窓口

SSMが12月1日に発出したプレスリリースによれば、SSMが10月17日から25日にかけて実施したレビューにおいて、ホテル内の97件(客室57、共用エリア40)から水のサンプルを採取。ホテル側でも、10月10日から27日にかけて229件の水のサンプル及び29件のホテル客室の拭き取りサンプルを採取した。SSMがこれらを分析したところ、SSMとホテル側がホテル客室内で採取した計163件、ホテル側がホテル客室内のタンクとポンプで採取した25件、プール8件、噴水7件の水のサンプルはいずれも陰性だったものの、ホテル側が採取したホテル客室内の取水口の拭き取りサンプル21件のうち1件(シャワーヘッド)からレジオネラ菌が検出され、濃度は200CFU/SWABだった。

一方、6階以下の共用部分でSSMが採取した水のサンプル40件のうち21件からレジオネラ菌が検出され、最高濃度は135.1CFU/ml、平均濃度は13.2CFU/mlだった。ホテル側が共用部分から採取したサンプル83件のうち4件からレジオネラ菌、2件から血清群1が見つかった。これらが見つかったのはショッピングモールのトイレ、プールの更衣室、レストランのトイレ、地下1階の温水タンク(3〜6階に供給)など。

SSMでは、検査結果からホテル客室の給水システムにおけるレジオネラ菌汚染の大部分が排除されたが、共用エリアについては依然として汚染されているとし、ホテルに対して給水システムの監視の継続、専門家に依頼して解決策を講じることなどを含む速やかな対処、予防措置による在郷軍人病感染リスクの低減を求めた。SSMでは、今後も関連部門と連携してレビューを繰り返し実施するとした。

在郷軍人病はレジオネラ菌が引き起こす伝染病の一種で、菌を含む水が空調などを通じて飛散することによる空気感染すると考えられている。レジオネラ菌は多様な環境下に存在するが、20〜45℃の温水で成長しやすく、水のタンク、スパプール、噴水、家庭で用いられる医療用吸入器などから見つかることも多いとのこと。症状としては、発熱、空咳、呼吸困難、倦怠感、頭痛、筋肉痛、腹痛、下痢などが挙げられ、抗生物質による治療が可能とのこと。

パリジャンマカオは米ラスベガスサンズグループのサンズチャイナ社が運営するフランス・パリがテーマの大型IRで、2016年9月にオープンしたばかり。2分の1スケール(約160メートル)のエッフェル塔のレプリカ、供給客室数およそ3000室のホテル、カジノ、ショッピングモール、コンベンション施設、シアター、スパ、ウォーターパークなどで構成される。

パリジャンマカオ外観(資料)=マカオ・コタイ地区、2016年6月-本紙撮影

 

2017-12-04 09:48:19

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5