レジオテック

レジオネラ菌の消毒剤|消臭剤|カビ取り剤|防カビ剤|お風呂|温泉|加湿器|プール|コンサルタント|健康食品|レジオテック

 

ご購入窓口
商品カテゴリ

コンテンツ

レジオネラ菌コンテンツ

HOME»  被災地におけるレジオネラ症について

被災地におけるレジオネラ症について

被災地におけるレジオネラ症について

2011年3月25日現在
国立感染症研究所 細菌第一部・感染症情報センター

 レジオネラ症には、肺炎と一過性の発熱があります。通常は菌を含んだエアロゾル(数μmの水の粒)を吸引することにより発症しますが、溺水した場合にも発症することがあるので、津波に被災後に肺炎になった場合にはレジオネラ症も疑う必要があります。レジオネラ症は湿度と温度の高い7月に多く報告されますが、寒い季節でも環境水や土壌中に、菌数は少なくても生息しています。津波の水には、レジオネラ属菌を含んだ土壌や環境水が取り込まれていることが想定されます。

 

 2004年12月26日のインド洋大津波後の被災者の感染症では、肺炎が予想外に多かったことが報告され、その治療には、キノロンとクリンダマイシンを用いる治療が有効であったことが報告されています。これらの抗菌剤はレジオネラ肺炎の治療にも有効です。レジオネラの培養には専用の培地を必要とし、当時は確定診断が十分なされていない状況でした。レジオネラ症が報告されていませんが、発症していた可能性があります。
 

 溺水で誤嚥した環境水中のレジオネラの菌数が少ない場合(通常の検査で非検出である10個/100mL未満)でも発症した事例があります。
また、一度肺炎になると有効な抗菌剤の投与がないと重症化しやすいので注意が必要です。

 

 レジオネラ肺炎の潜伏期間が2-10日なので、この期間は注意する必要があります。レジオネラはヒトからヒトへ感染しないので、避難所内でインフルエンザのように流行することはありません。
 

 避難生活で体力が低下してくると日和見感染であるレジオネラ症の発生リスクが高まります。被災後の予防対策として、やむを得ず消毒していない環境水を使用する場合は、エアロゾルの生じるシャワー等には利用しないようにしましょう。必要がなければ災害対策上の放水等には近づかないようにしましょう。土壌や腐葉土からの感染予防、エアロゾルの発生する作業時には、マスクの着用が予防に有効です。