レジオテック

レジオネラ菌の消毒剤|消臭剤|カビ取り剤|防カビ剤|お風呂|温泉|加湿器|プール|コンサルタント|健康食品|レジオテック

 

商品カテゴリ

コンテンツ

レジオネラ菌コンテンツ

HOME»  循環風呂設備のレジオネラ菌対策の問題点と対応。

循環風呂設備の問題点と対応策(レジオネラ対策)

  • 循環風呂設備の問題点と対応策
  • ろ過器
  • ろ過器の種類とろ過能力

 
 砂式、珪藻土、カートリッジ式があります。

砂式は、ろ過槽内に充填したろ材に、循環水内に混入した汚れ成分を捕集分離して除去する(物理的ろ過)。ろ過速度とろ過層の厚さがろ過性能を左右します。

ろ過速度が遅いほどろ過性能は良く25~40m/hを基準とし、「40以下が望ましく30以下にするとろ過精度が高くなる」とされています。

ろ過器の流入側に塩素剤を注入してろ過器を含む循環式浴槽設備全体を消毒することが規定されているので生物浄化が期待できなくなり物理的浄化のみによるろ過器を使用することとなっています。

  • ろ過器の逆洗

  砂式ろ過器は、ろ材に捕捉された汚れ成分を定期的に排出して微生物の繁殖を抑制する必要があり、逆洗による清掃を適切に行う事が重要です。

「週一回以上ろ過器を逆洗し消毒」です。ろ材の攪拌を充分行うには、逆洗速度と逆洗時間が重要です。

  • その他のろ過器

カートリッジ式(フイルター式)ろ過器は逆洗機能がないため、汚れが蓄積し微生物が繁殖し易いので使用すべきではありません。珪藻土ろ過器は取り扱いが面倒ですが炉過精度は優れています。

  • ろ過器の規格

  ドイツのDIN規格で、ろ材洗浄について「ろ材洗浄の為にはろ過層の流動化の程度はろ過層の厚さの膨張が少なく共10%以上になる必要がある」と規定しています。

  • 消毒装置

  浴槽水の消毒には、次亜塩素酸ナトリュウム溶液、塩素化イソシアヌル酸製剤、非塩素系では「モルキラーMZ」

次亜塩素酸カルシュウム、さらし粉などが使われています。

一般には、次亜塩素酸ナトリュウムを専用タンクに貯蔵して、ダイヤフラムポンプなどによって、循環配管に注入する薬液注入装置が多く使われています。

ポンプはタイマー運転が多く、タイマーや注入量は浴槽水の遊離残留塩素濃度を測定し調節していますが適正な塩素濃度を常時保持する事は困難です。

また、注入ノズルが結晶成分で閉塞したり、ポンプが次亜塩素酸ガスでの噛み込み、薬剤の補給忘れ、等も多く、自動塩素注入装置の設置が望ましい。

  • 熱交換器

 一般に、温泉にはプレート式、上水などはシェル・チューブ式が使用されています。

二)配管

 循環風呂設備の配管には、浴槽水循環配管、連通管、水位検知管、補給水管、浴槽排水管があります。

  • 浴槽水循環配管 浴槽水を循環する為に設置する配管で、一般には耐熱性塩化ビニール管が使われている。この配管でレジオネラ属菌対策上問題となっているのが、浴槽水を排水した時にも配管内に浴槽水が残留する凹部(ポケット状の部位)が存在する施設が多い事です。浴槽と浴槽機械室が、同一階や高低差が少ない場合は、浴槽からの返り管に凹部が形成されます。浴槽水が排水時に配管内に残留しますと配管内に生物膜が形成され易いので、当該箇所に排水弁を設けるなどの対策が必要です。循環配管中に凹部を形成するような設計・施工は避けるべきです。
  • 浴槽連通管

  複数の浴槽に対して一組のろ過装置で循環ろ過している場合に、浴槽水位をそろえる目的で設置されています。しかし、連通管内は循環水が行き渡り難い滞留箇所で、連通管内の残留塩素濃度を保つ事も不可能で、生物膜が生成されやすい。

連通管で連結する浴槽が離れている場合は配管凹部が生じ生物膜が形成され特に危険な箇所となっている。

  • 水位検知管(レベル管)

  浴槽の水位によって、浴槽への補給水(湯)配管に設けた自動弁を開閉する自動水位制御システムを導入する場合に、水位検知用の電極棒格納容器と浴槽間とを連結する配管も同様に生物膜形成箇所です。配管凹部、排水時の残留水の発生、長い配管、消毒剤が行き渡らない行き止まり管、などで危険な箇所です。

  • 浴槽補給水(湯)管

  浴槽への給湯や温泉配管が、循環配管に直接接続されている例で、混合弁で給水と給湯を混合して浴槽補給水としており、循環配管から補給水管に浴槽水が逆流した場合、建物全体の給水と給湯が汚染される事になります。温泉の場合も同様で、汚染され危険な状態となります。建築基準法でも禁止されています。

  • 浴槽排水管

  浴槽の排水管にトラップを設けていない施設が多いが、原則として、排水槽や敷地排水管から悪臭が浴場に侵入している施設もあるのでトラップは設置すべきです。

排水管の管径は、浴場閉鎖時間との関係で決定し、排水を外部排水弁によっている施設は、浴槽排水口と排水弁間に滞留水、生物膜の付着がし易いので浴槽の排水は共栓付排水金物とすべきです。

・ 吐出し口・吸込み口

  吐出し口の配置は、浴槽内に湯が滞留しないよう、吸込み口やオーバーフローとの関係によって検討した上で配置すべきです、吐出し口はある程度浴槽内から吐出流量を調節できる形式が望ましい。吸込み口は浴槽底面が多いが、吸込み速度は0.5m/sec以下とし、身体吸着、塞ぎのない形状とします。

レジオネラ菌対策の為の配管洗浄



 

             

 

循環風呂の熱交換器の機能改善に「モルキラーMZ」で配管洗浄

【お問い合わせ】

 

スーパー銭湯を営業しております。
薬草の浴槽に茶色い粘土質のものが付着します。配管途中にあります熱交換器の機能も低下しております。(現時点でレジオネラ菌の検出がない。)
この浴槽の洗浄に御社のモルキラーMZの使用を検討しております。効果はありますでしょうか?



 

【お答え】

 

粘土質の付着による熱交換器の機能低下を改善する目的での配管洗浄は有効な方法でレジオネラ対策にもなります。

【モルキラーMZ】の濃度が高い程、尚効果は高まります。
現状での付着量が多いと考えられますので、最初は500ppmでの配管洗浄が良いと思います。その後
1週間に1回、換水前に、浴槽(薬湯)にモルキラーMZを入れて、循環運転を1~2時間行って頂きます、時間は長い方が効果は上がります。

薬湯のレジオネラ菌対策事例