レジオテック

レジオネラ菌の消毒剤|消臭剤|カビ取り剤|防カビ剤|お風呂|温泉|加湿器|プール|コンサルタント|健康食品|レジオテック

 

商品カテゴリ

コンテンツ

レジオネラ菌コンテンツ

HOME»  レジオネラ症対策

レジオネラ症対策

レジオネラ症対策

公衆浴場の衛生管理で近年問題となっているのが、レジオネラ症です。適切な衛生管理を行ってレジオネラ症の発生を予防しましょう。

 

レジオネラ症について

レジオネラ症は、レジオネラ属菌が原因となって引き起こされる病気で、比較的軽症なポンティアック熱と、肺炎を中心とするレジオネラ肺炎があります。
特に問題となるのがレジオネラ肺炎です。
 



レジオネラ肺炎の症状

  • 高熱、呼吸困難、悪寒、筋肉痛、下痢、意識障害を主な症状とします。
  • 急激に重症になり、死亡することがあります。
  • 乳幼児、高齢者、糖尿病患者、免疫力の低下した人などはかかりやすい傾向にあります。


レジオネラ属菌


レジオネラ属菌の電子顕微鏡画像

  • 自然界の土、川、湖などに生息しています。
  • アメーバのような原虫に寄生したり、ほかの菌や藻類から栄養を吸収して増殖します。
  • 25~43℃で増殖し、特に35~37℃が増殖にもっとも適した温度です。
  • 浴槽や循環配管の内壁等に生物膜(ぬめり)が形成されていると、レジオネラ属菌をはじめとする微生物が増殖します。
  • レジオネラ属菌を含む目に見えないほどの水滴(エアロゾル)を吸い込むことで、感染します。
  • 人から人へ感染することはありません。


レジオネラ症対策

レジオネラ症の発生を予防するためには、浴槽や配管など、レジオネラ属菌が増殖しやすい場所の衛生管理を徹底することが重要です。レジオネラ属菌は生物膜を支持体としているため、生物膜を除去することでレジオネラ属菌の増殖を抑制することができます。


公衆浴場での衛生管理

  • 消毒・換水・清掃などの管理記録をつけましょう。
  • 浴槽中の遊離残留塩素濃度を 0.2~0.4mg/ml 程度に保ち、かつ 1.0mg/mlを超えないように努めることが重要です。
  • 衛生管理が適切に行われているかどうかを確認するために、1年に1回以上はレジオネラ属菌を含めた浴槽水の水質検査を行いましょう。


施設の維持管理ポイント

浴槽

  • 原則毎日完全に換水、清掃しましょう(完全換水型)。
  • 1週間に1回以上は完全換水し、消毒・清掃を行いましょう(連日使用型)。

露天風呂

  • 浴槽を常に満杯の状態に保ち、溢水にして浮遊物を除去しましょう。
  • 露天風呂と内湯との間は配管を通じて混じることのないようにしましょう。

貯湯タンク

  • 貯湯温度を60℃以上に保ち、レジオネラ属菌の繁殖を防ぎましょう。
  • 定期的な清掃と消毒を行いましょう。

ろ過器・循環配管

  • ろ過器は1週間に1回以上、逆洗浄をしましょう。
  • 1週間に1回以上、洗浄および消毒を行いましょう。

ヘアキャッチャー(集毛器)

  • 毎日清掃および洗浄を行いましょう。

消毒装置

  • 注入弁、ノズルをチェックし、目詰まりをおこさないようにしましょう。
  • 薬液タンク内の薬剤をきらさないようにしましょう。

気泡発生装置・ジェット噴射装置

  • 空気取入口から土ぼこりが入らないようにしましょう。

打たせ湯、シャワー

  • 打たせ湯、シャワーはエアロゾルを発生するため、循環水は使用してはいけません。

レジオネラ属菌