レジオテック

レジオネラ菌の消毒剤|消臭剤|カビ取り剤|防カビ剤|お風呂|温泉|加湿器|プール|コンサルタント|健康食品|レジオテック

 

ご購入窓口
商品カテゴリ

コンテンツ

レジオネラ菌コンテンツ

HOME»  源泉かけ流し温泉のレジオネラ菌対策

掛け流し浴槽の問題点(レジオネラ対策)

レジオネラ菌対策でお困りの方はこちら。レジオネラ対策消毒剤「モルキラーMZ」レジオネラ対策消毒剤 モルキラーMZ




専門家の調査によれば、レジオネラ属菌の検出状況は、循環式浴槽の38%に対し、掛け流し浴槽からも27%から検出されています。掛け流し浴槽とは常時満水状態に保ち、新鮮な湯を供給してオーバーフローによって汚れを排出する浴槽ですが、沸かし湯を補給して汚れを薄めている場合など、毎日完全換水は難しく、安全性は保障できない。

温度調節配管、水位計、連通管も生物膜が生成されやすく、気泡装置も無い方が良い。配管変更の際は、完全に切り離し滞留箇所をなくす必要があります。

 

掛け流し温泉のレジオネラ対策として、貯湯タンクに非塩素系消毒剤「モルキラーMZ」を所定量投入し、タンクから浴槽までの配管内を消毒する方法があります。

所定量はレジオネラ菌の殺菌や大掃除の場合は500ppm(1T、の湯量に対しモルキラーMZを500ml)

一週間に1~2度の洗浄の場合は50~100ppm、毎日投入の場合は10~20ppmです。



 

源泉かけ流し温泉のレジオネラ菌対策

レジオネラ対策消毒剤レジオネラ対策消毒剤 モルキラーMZ

源泉かけ流し温泉で湯量が毎分200L、弱アルカリ性塩化物泉、湯温57度、の露天風呂入浴者数毎日600~1000名、毎日換水し清掃し次亜塩素消毒している。
保健所の検査で若干レジオネラ菌が検出された。
通常ではこのような施設は安全で、レジオネラ菌が検出されないとおもわれています、そこで次のような質問を致し、回答を得ました。
 
1、過去の検査結果で菌が検出されたか。
  回答は⇒施設開設以来数年ですが、若干でた時もあったが、  最近は出ていなかった。
 
2、露天の岩、石とその周りのモルタルとの間に隙間がありませんか。 隙間があれば中にバイオフイルムが
  生成されている恐れがあります。
  回答は⇒点検しているがありません。
 
3、毎日温泉を空にし、清掃消毒をしている内容をお聞きしました。
  回答は⇒高圧洗浄機を使用し、アルカリ性と酸性の洗剤を使用し、次亜塩素で消毒。
 
4、浴槽内でお湯の滞留しているような箇所はないか。
  回答は⇒滞留は考えられない。
 
5、藻の発生はないか。
  回答は⇒ありまし、とのこと。
 
このような施設のレジオネラ菌対策について次のような提案をしました。
1)大掃除又はレジオネラ菌が検出された場合はその除菌の為、【モルキラーMZ】で消毒を行い、
  バイオフイルムやその他の汚れの除去を行います。

  営業が終わってから、使用後の浴槽水の中に【モルキラーMZ】を浴槽水1Tあたり100ml(100ppm)
  投入し、1時間くらい(長くてもいいです)放置し排水します。
 
  費用は露天風呂36.4T×100ml/T×8,400円(モルキラーMZの単価)=30,576円
 
2)次週から毎週一回上記方法で1T当り50ml(50ppm)で行います。
  露天風呂36.4T×50ml/T×8,400円=15,288円
 
これを継続して行うことによって、バイオフイルムを生成させないようにします。  バイオフイルムは一週間から10日で出来ます、レジオネラ菌の巣となるもので、これを出来ないようにすればたとえレジオラ菌が外部より侵入しても排水されます。
 
毎日営業中、浴槽内に非塩素系消毒剤【モルキラーMZ】を入れて殺菌消毒する方法もありますが、
かけ流しの為効果が出難いし、効果を出そうとしますと使用量が大変多くなります。
従ってまず、上段の方法をお薦めします。
 
しかし行うとすれば費用は下記の通りです。 
3)モルキラーMZ】を入れて殺菌消毒する方法

  浴槽水1T当り10ml(10ppm)投入
36.4T×10ml/T×8,400円=3,058円
これを一日1~2回行います。
 
 レジオネラ対策消毒剤 モルキラーMZ は ご自分で配管洗浄が出来る掛け流し温泉のレジオネラ菌対策はモルキラーMZ